訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本市民タイムスの記事
4月17日(火曜日)雨が一日降ったりやんだり,寒い。
北風が吹いて寒い。2月の陽気とか。
今朝は,安曇野の友人から「市民タイムス」にデカク一面に載っているよと電話をもらい、記事をFAXしてもらった。あいにく,自宅にFAX記事をもって来るのを忘れてしまった。詳細を紹介しようと思っていたのに無念。
生意気な言い方で失礼を許してもらいたいが、飯田記者の記事は”綿密に考え,うまく書いている” そんな印象を持ったのは、シリーズ1回目の今日、この人はおもしろい比較をした。昭和31年、私が大町高校に入学をした時、母校の校歌の作詞者が祖父であることを知って、祖父を身近に感じた。一方,インドネシアに住む、サクラという少女の父親探しが始まった・・と書いていた。そんな書き方でシリーズ1回目が始まった。2回目以降が楽しみである。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

 記事の感想、ありがたく拝見いたしました。ただ、第二回の企画中で、私はサクラさんと真紀子さんの生まれた前後関係を勘違いしていたようです。降版後に気付きました。大変失礼いたしました。お詫び申し上げます。企画は全5回に延長しました。毎日、他の取材に追われながら自転車操業で書いています。今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。29日が楽しみです。
【2007/04/18 16:32】 URL | 市民タイムス 飯田進 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://soushunfu.blog89.fc2.com/tb.php/55-73a448e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。