訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米チリの巨大地震と大津波
チリの巨大地震と大津波の写真を見るとあの5年前の惨劇を思い出す。5年前の今頃はアチェに行く準備に追われていた。まだ、アチェでは復興が始められる状況になかった。掲載されている写真はパワーステーションという発電設備がある大型の船が津波に押し寄せられて陸地に上がった。この船の下には家があったり,人が生き埋めにあったと聞く。
陸に上がった船JPG

日本では27日一日中、津波警報がテレビから流されていた。昨日、気象庁の津波警報は「大げさすぎるのでは」と中井洽防災担当相は2日の閣議後会見で苦言?を言ってたようだ。しかし、気象庁も「予測が過大だった」と謝罪した。しかし、どうなんだろうか。実際には三陸地方では被害が甚大だった。確かに「判断は難しいが、もう少し警報のレベルダウンを素早くできなかったかという問題があるかもしれない。
被害がもっと酷かったら気象庁の警報が悪いと言われるのがオチだ。私は「大げさぐらいがちょうどいい」と思う。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://soushunfu.blog89.fc2.com/tb.php/437-9e7fd9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。