訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アチェ津波5周年と伊勢湾台風50周年
昭和34年9月26日は未曾有の風水害を引き起こした伊勢湾台風が襲来して50年にあたる。あの100才の双子のおばあさん、きんさん、ぎんさんが100才の誕生日の時に「100年生きていて、あんな怖かったことはね~」と言わせた100年に一度の伊勢湾台風は5000人以上の犠牲者を出した。   もっとも多かった被害は、満潮時と重なり高潮によるものだったそうだ。
50年前の今日、私は市ヶ谷の予備校に通う学生だった。私はその惨状を知って予備校の事務局に「予備校生にも募金を募ってくれないか」とかけ合った事を思い出した。翌日、事務局員は募金箱を持って生徒たちに募金を呼びかけていた。当時、何故私は一人でそんな呼びかけをしたのか思い出せない。

下の写真はアチェ津波の被害のシンンボルになっている豪邸。
流された豪邸 のコピー

そして、未だ、生々しく記憶に残っている、5年前の12月26日はインドネシア・アチェ沖を震源に起きた大地震による巨大津波は、伊勢湾台風の高潮とは違うが10メートルを越す巨大津波が襲来し、100年に一度の大災害を引き起こした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://soushunfu.blog89.fc2.com/tb.php/405-64211808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。