訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「語らずに死ねるか!」のブログは移転、しばらくはダブって掲載。
10日の完成試写会は、18時30分に開場、19時から1回目の上映会がスタートした。
早いお客様は17時ごろにはお見えになった。未だ、受け付けが準備中で予想はしていたがあまりにも早いのには驚いた。開始の15分前には続々とお客様が来場した。定員100名がほぼいっぱいになった。 私たちは前作では会場の「なかのゼロ」までたどり着くが、地下2階のゼロ視聴覚ホールという表示が小さくて「分かりにくい!」とお客様からのお叱りを受けた。今回はホールの外にも案内係を配置した。隣の小ホール前にポスターを持って案内をしたが、それが裏目に出て小ホールに入ってしまったりとそれなりに苦労したようだ。
ほぼ定刻19時から制作スタッフの紹介、そして上映。この瞬間が製作者として胸が高まるものである。幸い、「プロジェクターが今日始めてお披露目です」という係りの人が伝えてくれた。ハイビジョン対応だそうだ。画面はクッキリとしていたが、音声は妙に固い気がした。見終えてお客様からは、
「45分間を集中出来てみることが出来た.時間が短く感じた」、地味な内容で、退屈しませんでしたか?という問いに「いや~まったくそんなことないですよ。全国上映をして、中学生や高校生にも是非観せて下さい」という励ましや、「もっと証言者を入れてくれてもらいたかった」、「”故郷”のオカリナのシーンには涙がでちゃった」という中年の女性の声。様々な声を聞いた。
10日の上映は第三者のお客様からの生の声を聞く限り、作品の評判はずまずと思いたい。
明日は、戦場体験の皆様が14時に集中している。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://soushunfu.blog89.fc2.com/tb.php/378-1ed5b74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。