訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化庁の試写が終わる
昨日はドキュメンタリー映画が名実とともに完成した。15時から横浜の反町にあるヨコシネD.I.Aで文化庁の審査試写である佐伯調査官がわざわざ横浜迄来ていただいての試写である。
製作に関わっていない第三者が始めて見る試写として緊張した。佐伯調査官はドキュメンタリー映画を専門に審査をするベテランの方だ。試写後どのように感じていたか興味があった。しかし作品については一切触れなかった。年度末とあって助成された数多くの作品を試写してきたと思われる。
佐伯氏は「甲飛会には私の父もいたのですよ。ソロモンの方に行っていたようです。庁のものにも観るように言っておきます。多くの人に観てもらってください。」と。氏は好意的に観てくれたのではと私なりに感じた。
夕方、6時に以前からこの作品に対して記事を書いてくれるようにお願いしていた読売新聞の社会部から取材記者が来社した。朝刊の都内版に載せていただけるようだ。1時間半ほど私たちのこの映画に対する想いを素直に聞いてくれた。ポスターをバックに写真を撮るかと思ってポスターを目立つようにと壁に貼ったが、写真は作品の中で関係あるものが欲しいとのこと。撮影した写真を送付するように約束した。
文化庁の試写、読売新聞の取材等「濃厚な一日」だった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://soushunfu.blog89.fc2.com/tb.php/368-1fbba2a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。