訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義援金という名の善意
この所の私のブログの内容が日替わり的で統一性がない。今日も気が付くまま,見たままであるのをご勘弁下さい。
今日のS新聞の曾野綾子氏のコラムに拍手を送りたくなった。ハイチ地震への義援金のあり方に付いて書かれている。
 というのは5年前のアチェ大津波災害の時に私も某かの義援金をコンビにを通して送ったり,中越地震の時も映画上映で得た売り上げの何パーセントかを日本赤十字に送った。我々日本人が送った義援金は果たして災害に合った人々の手にチャンと渡っているのだろうか疑問に思うからだ。
S新聞に書いている曾野綾子氏は敬虔なクリスチャンとしての意見から書いている。ここからはその記事のが異様である。ーーーハイチの国民は「政府は何もしてくれない。仕事も必要な食料さえも供給してくれなかった」と現在完了形で語っている。ということはハイチの悲劇は地震以前から続いていて,地震によってそれがますます改善されなくなった。ハイチは世界でも最貧国の一つであり、もともと水道も電気も普及してなく,建物は地震でぺちゃんこに潰れてしまい国民はどうして良いか分からなかった。政府は地震と同時に消えていた。今,日本では募金活動が展開されている。しかしお金というものは、集めるよりも、それをもれなく使うほうがむずかしい。正直なところ日本で集めたお金の行き先と使われ方お、正確にドナーに事後調査して報告出来る組織はどれだけあるかと思う。ーーー
このことは氏もおなじ思いだったのだろう。また体験的にこう書いている。ーーーあるとき途上国に詳しい人と援助金を正確に被災者に渡すには、私たち自身が1ドル、10ドル、100ドルなどの紙幣をハラマキに入れて現地に持って行くしかないと笑った事がある。おばあさんが家を失ったと言えば100ドル、少年がなのも食べていないと言えば10ドル渡す。それ以外に義援金を確実に渡す方法はない。しかし、100ドルをもらったおばあさんは村の男に強奪される。他の人たちはウソをついて義援金をもらおうとする。そのうちにお金を持った私たちが強盗にお金を奪われる。
義援金を集めるのは簡単でも、それを使う方法の方が至難のわざだ。日本人は義援金の渡され方をもっと知るべきだーーー。アチェでも確か1長円近い義援金がいろんな義援金を受け取る団体に渡ったと聞いている。結局は30%以上もが渡す人々の手数料に消えたとか。

スポンサーサイト
火事の多いこと
早春賦とは全く関係のない「火事」の話題。
今日,夕方会社の外が消防車のサイレンのけたたましい音ときな臭い匂いが辺りに充満していた。どうやら火元は近いようだ。外に出ると我が社のベランダからもうもうたる煙が上がっている。すわ!と火元へ駆けつけた写真の1枚だ。
夕方の5時10分前後だ。真っ赤な火の手が挙がっている。出火後直ぐだったせいか警察も消防もバリケードがなく、すぐ近くで撮影した。しかし、ビデオ撮影する間はなかった。
IMG_0368.jpg
我が社の辺りは東京でも住宅密集地として有名な杉並区高円寺地域である。しかも木造家屋が家と家の隙間もないくらいに密集している。人は”火”を見るとやたらと興奮する者らしい。撮影したカットを見るとカメラマンも興奮状態かもしれない。
地震が来たらこの地域はいっぺんに壊滅状態になるだろう。一軒が火事を出すと一帯は間違いなく火の海だ。
火元の家には一人暮らしのお年寄りが住んでいたようだが、幸いに消防に助けられた。
18時30分頃には鎮火したようだが「地震、かみなり、火事、親父」と火事は三番目だが全てのモノが消えてしまう。怖い!。
IMG_0380.jpg

[READ MORE...]
梅の香に誘われて
DSCF1341.jpg

紅梅の花びらが地面いっぱいに散っていた。梅の花前線が今,水戸まで来ているとか。
今朝、我が家の近くを散歩するコースで観た。朝の柔らかな光が苔むした幹に射していた。甘い梅の香りがほのかに漂っている。何とも平和な風景である。
早春賦の歌碑の合成写真
2月立春が過ぎてから異常な寒さに日本列島は被うわれている。毎日のように「今日も,昨日も雪の空」である。
17日、歌碑が建立される場所の整地が始まった。大きな石台の上に何トンもある石碑が載るためか,大きな深い穴が掘られ、基礎をガッチリしなくてはならないそうだ。
DSCF1333.jpg

DSCF1335.jpg

石は緑がかっている。歌碑の石を割った半分の石に右側に作詞者や作曲者なおの名前が刻まれ,左側の石には寄進者の名前が書かれたステンレス版がはめ込まれる。
したの写真は,歌碑の予想写真です(合成写真です):石坂石材店提供。
図面1


立春の次は?
DSCF1316.jpg
 梅に鶯(うぐいす)ではなく、雪が梅の花に降り積もってしまった。この写真は,去る2月2日に降った雪を撮影した。こんなに寒い日が続くのに梅の開花が早かった。今年は7回目の降雪だとのこと。
さて、先にお伝えした「菩提寺に早春賦の歌碑を建てよう」という内容のブログを書いた。現在,歌碑になる石に早春賦の歌を彫る作業に入っている。昔は石工の職人さんがノミで一字いちじカンカンと彫っていったものだ。今じゃ、
電気ノミ?がコンピューターに詩文を記憶させて彫るそうだ。だからあっと言う間だ。石工職人さんはお年を召しており、お願いするだけで大変な時間と費用がかかると思う。次回は歌碑のために選ばれた石を紹介しよう。
いよいよ早春賦の歌碑が建立
随分,留守をしておりましたが,今年も「吉丸一昌顕彰コンサート」が文京区本駒込の龍光寺で開催される。
第5回目の今年は「菩提寺にも早春賦の歌碑を建てよう」という想いで続けてきた、いわば「吉丸一昌顕彰コンサート」は、イコール「早春賦コンサート」でもあったわけである。
眞理ヨシコさんが初回からこの第5回目までずーとお付き合いしていただきました。
K-1508.jpg
今年は構成演出の井上氏が都合で抜けてしまい、私が構成案を作成し,眞理ヨシコさんが手直しをしていただいている。第一部に「早春賦歌碑建立式典」を、第二部がコンサートという企画である。そして、コンサートには今までの集大成的な意味合いで「早春賦と吉丸一昌顕彰」という形にしてみょうと思っています。乞うご期待!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。