訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アチェの近況
一昨年、「二つの故国をつなぐ歌」が神戸のJICAで上映され、長尾監督と私が参加した。丁度、この年は日本・インドネシア友好50周年記念の年だった。多くの神戸市民の方々が鑑賞してくれた。その中で「清水教博さん」という方が私に話しかけてくれた。「近々、私はインドネシアに仕事で赴任するので,おりがあったら是非,アチェに行き,サクラさんたちに会いたい」と言われた。
その後、清水さんと私はメールのやりとりが続いた。今年、夏にアチェに行きたいというメールが届いた。    そして、9月5日から8日にかけて清水さんはアチェを訪問し、ホテル・チャクラドーニヤに宿泊し、サクラさん達から大変歓迎を受けたという感謝のメールと共に近況を知らせる写真も戴いた。

その記念写真。左から娘婿のDirhamさん、Dianさん(Dirhamの奥さん)、Divaちゃんと妹のDindaちゃん、サクラさん、Daisyちゃん        (写真提供:清水教博さん)
サクラさんの娘さん家族

スポンサーサイト
「語らずに死ねるか」のブログに立ち寄って下さい
このブログは2007年1月、ドキュメンタリー映画の第一作 「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」のインドネシア・アチェのロケ日誌が始まりだった。およそ、3年書き続けている。
        そして、この映画が契機に、2008年10月から映画第二作「語らずに死ねるか! 無名の元兵士たちの声~」の製作が始まり、ブログを兼用してきた。
本年、2009年1月から第二作のブログを分けて掲載しております。下記、URLです。
URL:http://katarazuni.blog20.fc2.com/blog-entry-207.html

写真は 「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」のロケ日誌から
DSC_6334.jpg

下記の写真はDVDのジャケットから
haikei_350_120.jpg


スマトラの大地震、アチェのサクラさんたちには影響はない!!
昨日、今日と長野県の友人から「スマトラの地震でサクラさんたちは大丈夫か」との問い合わせの電話が入って来る。先月12日の長野放送で早春賦をテーマにした「信州三景」のオンエアーでサクラさんファミリーが出演していることもあって、心配してくれている皆さん、お気遣いありがとうございます。スマトラは日本の1.3倍の大きさ。比較するのもはばかるが、今回被害の大きかった西スマトラ州パダン市はから北端のバンダアチェは4-500キロは離れているだろうか。
  
   今回の地震は西スマトラ州で30日発生した地震と昨日も大きな余震があった。強い揺れに襲われた同州の州都パダン市を中心に大きな被害が報告されている。
5年前の20004年12月にはマグニチュード(M)9.0のスマトラ沖大地震が発生。大津波による被害を含め死者・行方不明者が22万人以上となっただけに、被害の拡大が懸念されている。
スマトラ沖地震に詳しいジャーナリスであり、インドネシア文化宮を主宰するの大川誠一氏に昨日お会いしたら  「スマトラ沖 付近はオーストラリアプレート(岩板)の沈み込み時期に当たり、地震活動が活発になっており、2004年のアチェ大地震以降、06年5月のジャワ島中部地震など、毎年のように地震に見舞われている。今回の地震も近々に大きな地震が発生するからと警鐘をならしていた。しかし、彼らは2004年のアチェの教訓を生かしていないのではないか」と言っている。



 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。