訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田町の上映会の反響
昨日、故郷の友人から上映会の記事が新聞に載っていたとメールをいただいた。友人は講演を聴き「戦後の平和をどう保つか、われわれが決断しなければならない時が来る。(戦争体験者の話は)どう考えるか、どう決断するかのヒントになる」の言葉が良かったと言ってた。
長尾君も良くやるわい!というのが私の印象だった。
上映会当日に信濃毎日新聞の白馬支局の記者を紹介された。作品に出演している篠崎久美子さんが引き合わせてくれた。

     講演する長尾

写真:上映会を前に講演する長尾監督(撮影:吉丸昌昭)
下記の記事は、 ー6月22日(月)信濃毎日新聞よりー
 戦争体験者の証言を収めた映画 池田町で初の上映会
戦争体験者の証言を収めたドキュメンタリー映画「語らずに死ねるか! 無名の元兵士たちの声」(長尾栄治監督)の上映会が21日、北安曇郡池田町であった。映画は、安曇野市出身の映像製作会社社長、吉丸昌昭(69)さん=東京=が手掛けており、全国で最初の上映会となった。__ 上映会は、町内外の有志でつくる「上原良司の灯を守る会」が、同町に生まれ沖縄戦で特攻死した上原良司(1922~45年)をしのぶ集いの一環として開いた。__ 映画には、人間魚雷「回天」の乗組員だった兄について調べている男性が登場。男性も元少年兵で、軍隊に志願した際に「父親がションボリとして寂しそうだった」と振り返った。訪れた約220人は映画に見入り、上原の妹の上原清子さん(83)が、良司を含む3人の兄の戦死について「むなしい」と語る場面では、涙を流す人もいた。__ 上映会に先立ち、長尾監督の講演会もあった。長尾監督は「戦後の平和をどう保つか、われわれが決断しなければならない時が来る。(戦争体験者の話は)どう考えるか、どう決断するかのヒントになる」と話していた。

スポンサーサイト
池田町での上映会は大盛況!
私は昨日(21日)の上映会のために土曜日から準備を兼ねて出かけた。土曜日の安曇野は真夏のような暑さで、上映会当日の天気予報は雨 !・・・・
上映会場がある東山からの北アルプスの眺望は素晴らしい。夕陽が雲間から射す風景は格別である。
雲の陰に、有明山が薄らとシルエットが浮かぶ。
夕方の光芒

21日はやはり、朝から雨が時折、地面を強くうっていた。東京から「あずさ」で、長尾監督と「戦場体験放映保存の会」の3人が穂高に着く。彼らを迎えて、会場の池田町「創造館」に行く。
その頃から、西山(北アルプス側)が明るくなり、開場する12時頃には雲が切れて青空が、そして、真夏のような日射しが照りつけて来た。
13時から会場の裏手にある「上原良司の灯を守る会」の記念碑前で「山小屋の灯火」のハーモニカ演奏が行なわれた。
碑の前でセレモニー
その後、3時過ぎから上映会とミニ講演が行なわれた。会場は220人からの入場者で盛況だった。
会場には上原良司さんの妹さんの清子さんとご主人も一緒に駆けつけてくれた。
上原夫妻
長尾監督の講演は前のシャンソン歌手が飛び入り参加したために短縮されてしまった。長尾君にとって予定の30分は「しゃべりきれないよ!」ということでかえって15分ぐらいの短いものになりラッキーだったのかもしれない。
講演長尾
講演に聞き入る観客。
観客220人


池田町の上映会の新聞記事
64信濃毎日-1
 長野県では購読者が最も多い新聞「信濃毎日新聞』に上記のような記事が6月4日の朝刊に掲載された。反応がすごかったそうだ。掲載された日、映画上映会の主催者でもある「上原良司の灯を守る会」の師岡昭二さんに電話を入れると嬉しい悲鳴が電話の向こうから聞こえた。連絡先が師岡昭二さんになっているために朝早くから電話があちこちからかかってきたとか。
”見出しが「早春賦」の孫らが制作”と書かれてしまった。安曇野では仕方がないのだろうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。