訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画製作をバックで支えた飯島紀子さんの死去
映画をバックで支えてくれた飯島紀子さん逝く
1月29日にお通夜、30日は納棺と告別式だった。29日の夕方から深々と降り続く、細かな雪が音もなく、容赦なく辺りを白く化粧をしてゆく。私は友の葬儀に参列するため、雪が降りしきる故郷へ出かけた。
友人の飯島紀子さん、と言ってもご存じないかもしれない。私の高校時代からの同級生であり、親友である。彼女は芸術に造詣が深く、自らも絵を描き「一水会」会員で数々の賞を手に入れている。5-6年前だったか直腸ガンに罹り、肝臓、そして、ガンは肺にまで転移し、西洋医学からは見放されていた。しかし、飯島紀子さんの「生への努力」は、いろんな自然療法に挑戦したが、1年もたなかった。2005年津波後はじめて私はインドネシア・アチェを訪れた。飯島紀子さんは手持ちの500米ドルを寄贈してくれた。「私の体はもう海外へ行く体力も無くなってしまいました。このお金をアチェの人たちのために有意義に使って下さい」と。昨年、4月の東京龍光寺上映会、安曇野での上映会、8月の暑い上映会ではガンに冒された体をひきづる様にしてご夫妻と娘さんご夫婦の4人で会場に来てくれた。彼女は「三回も観ちゃった。何回観ても涙が出ちゃうね」と言っていたのが印象的だった。
我が家に戻った翌日、庭の紅梅が一輪が咲いた。飯島紀子さんの「涙」なのか。真っ赤な花びらが美しい。その隣には「蝋梅」が黄色い蝋細工のように花をつけていた。
DSC_0201.jpg

DSC_0207.jpg


スポンサーサイト
神戸大震災の思い出
1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒、淡路島北部を震源として発生したM7.3の兵庫県を中心に大きな被害をもたらした。特に、神戸市街地は壊滅状態に陥った。死者 : 6,434名 が亡くなった。今日、13回目の震災記念日である。13年前の朝のテレビニュ-スが今でも脳裏から離れない。7時のNHKのニュースはあちこちから上がる煙り。神戸の空撮だった。
親友の中村忠夫君が神戸の灘区に住んでいるのですぐに電話を入れた。話し中である。延々といつまでも話し中が続いた。間もなくして信州の友人達からの安否を気遣う電話である。
私たち信州の高校時代の気のあった同級生9人で「辰巳会」という親睦会を作っている。被災した中村君も一人である。彼と連絡がつかないまま、日中のテレビはどこのチャンネルも神戸の惨状を写していた。その日、私は愛知の豊橋技術科学大学でビデオ制作の打ち合わせの予定があった。新幹線も名古屋止まりになっていた。誰からの情報だったか記憶が薄れたが、公衆電話からだと電話が出来るという情報を得た。早速試した。本当だ。中村君の声が受話器から聞こえた。無事だった。
その10年後、インドネシアのアチェを震源とする大地震と大津波が起きた。私の脳裏には10年前の神戸大震災の思い出が蘇ったのだ。
安曇野の早春賦愛唱会
講演者・西山紀子と早春賦愛唱会
3月29日に開催されるこの上映会と講演会が行われるが、講演者の西山紀子さんにふれてみよう。昨年5月20日に開かれた早春賦音楽祭は22回目ということは22年続くという息の長い音楽会だ。彼女の22回の早春賦に思いを寄せる活動は数へきれない。私と早春賦を通じてのお付き合いも確か平成3年頃からだったろうか。
昨年の春、4月29日、安曇野コンサートホールでの上映会は凡そ250人からの観客が鑑賞した。地元新聞「市民タイムス」が5回連続で映画のPR記事を書いてくれるように仕組んでくれたのも彼女の戦略だった。そして、往復はがきで入場券を購入方法を新聞が書いた。「早春賦」をことのほか大事にする安曇野市民から入場券申し込みが殺到した。入場券を入手できない人たちも出た。人の心理は手に入らない事がわかると何としても手に入思う物である。その後、開催された恒例の「第22回早春賦音楽祭」のパンレットに西山女史は映画の事を書いている。”早春賦がことのほか話題を呼ぶ一年間でありました。早春賦が海を渡ったのです。ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」では、平和への祈り、命の大切さも教えてくれた。早春賦に寄せる想いが様々に重なりあって、「早春賦の絆」となり、海を越え人々の言葉を越え人々の心を深くつないでくれた”と。
Nishiya.jpg

写真は、早春賦愛唱会 会長の西山紀子さん

「二つの故国をつなぐ歌」が三たび上映会が・・・
よみうり文化センターでの上映会と講演会
私の会社の役員である小笠原裕氏が兼ねてから同郷の笠原真氏を紹介すると言っていた。笠原氏は読売新聞で長年記者をしていたジャナーリストであるが、系列の「よみうり文化センター」へ転属し、現在、荒川区の町屋文化センターの支配人をしておられる。急遽小笠原氏から連絡が入り、10日の朝11時半に神楽坂で笠原氏とお会いし、トントンと上映会が決まった。
文化センターというのは今や熟年世代が競って学習する公の施設である。荒川区の町屋文化センターも実は読売新聞の文化センターが運営を任されているそうだ。
前置きが長くなったが、この町屋文化センターで我々の製作した映画を上映し、映画にちなんだ講演会も同時にしていただける事になった。センターは今年で丁度開館20周年を祝う特別企画としての上映会と講演会になるようだ。三大新聞社の文化センターでの栄えある上映にはまた金バッチが一つ増えた格好だ。
3月29日(土曜日)14時からである。講演は安曇野で活躍する西山紀子さんに依頼した。
西山女史は「早春賦」を長年自らのテーマとして安曇野に早春賦音楽会を定着させた人である。
安曇野かけて早春賦。その心は西山紀子というわけである。
新しい年へ 2008年
2008年1月5日(土曜日)
暮れの挨拶文も新年の挨拶文も書く時間がないままに2008年も5日になってしまいました。ブログを毎回丹念にお読みいただいている方には失礼をお詫びいたします。
ともあれ、
新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。私たちも新たな気持ちで映画製作に挑んで行こうと思います。
今年の映画製作の予定、というか助成金頼みなのがこのドキュメンタリー映画製作の痛い所ですが、今年は日本とインドネシアが国交を樹立して50年になります。「日イ友好50周年」という大事な節目の年に当たります。
 この映画「二つの故国をつなぐ歌」の上映で大変お世話になり、また、私がインドネシアに強く引きつけられる元を作ってくれた「インドネシア文化宮」の大川誠一氏ともに、引き続きインドネシアをテーマに取り組んで行きます。
第一弾は「Japanese Ikat~日本のかすり~」を文化庁の文化芸術振興補助金を申請します。第二弾は「Sakura,さくら、桜 ~続・二つの故国をつなぐ~」(仮題)の二本です。第一弾の「絣 かすり」は沖縄の伝統芸術の”芭蕉布”の源流はインドネシアの島々で今でも織られている「Ikat かすり」であるという企画です。
第二弾の「Sakura,さくら、桜 」は前作の主人公であるサクラさんの出生の謎にもう一歩踏み込みます。中でも興味を引くのはインドネシアの東、パプアのホーランジアに咲く「一本の桜」にスポットをあて、日本人の心の花である「桜」について考えてみようと思います。先に記したようにドキュメンタリー映画製作には莫大な製作費がかかります。頼みが助成金なのです。皆様からの応援とご協力をお願いいたします。
ドラエモンを読む

どらえもんの漫画を読むDivaとDinda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。