訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早春賦歌碑の碑文
4月26日(木曜日)晴れた!あたたかな陽射し
信州の安曇野にある早春賦歌碑の碑文の字は誰が書いたのかほとんどの方は気づかないだろう。平成9年に文化勲章を授与された安曇野が誇る漆工芸家である「高橋節郎」筆である。
先週、新聞にお亡くなりなったことが出ていた。今日、文京区の護国寺で葬儀が行われた。氏の生前の功徳が忍ばれる多くの美術関係者、また一般の方々が弔問に訪れていた。
この映画には安曇野の「早春賦」歌碑が何度か出て来る。その書は拓本にもなっている。しかも、その拓本の分身がサクラさんの経営するホテルのロビーに飾られている。私は氏が亡くなった時に「ハッと」した。なんで今まで気が付かなかったか。今日葬儀があることを知って護国寺に駆けつけた。何と愚かだったのだろうか。
祭壇の高橋節太郎先生の遺影
IMG_0777.jpg

高橋節太郎先生が授与された文化勲章
IMG_0778.jpg


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。