訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お助けマン、芸術文化振興基金
サクラさんの一言が”私の胸をうった”は良いが 果たして映画化ともなれば話は別である。
映画というタイトルが付くと本当に金がかかる。一般の方からお金を戴いて鑑賞に耐えられる作品を作らなくてはならない。中途半端な製作資金では出来上がりもしれている。
 
なにはともあれ、撮影がスタートしてしまった。演出の小原君からの助成金交付を申請しましょうという提案があり、7月末が締め切りだという。そして、平成18年度 芸術文化振興基金へぎりぎりに提出した。製作費の1/3を助成していただけるというすばらしい制度である。
演出費もカメラマン費も助成金がもらえるまでは『ただね!』と。何というおおざっぱなことか。もらえるものとスタッフ皆が信じているのだ。年間2回の応募があり、いつも難関だという事は聞き知っている。

8月、9月、10月の初め・・「何も連絡がないから、もう駄目だね』という半分あきらめていた。
10月6日 私は地方のクライアントに打ち合わせに行く途中だった。朝、11時忘れもしない電話だ。会社から「良い知らせよ、芸術文化振興基金から内定の書き留めがきたよ」私は車の運転中だったが、横で居眠りをしている左部君を起こした。「エー!ほんとですか」一度に目が覚めたようだ。この嬉しさはどれほで製作意欲をかき立てたろうか。気持ちを共有する小原、山田、シナリオを書いた長尾君たちは歓喜の雄叫びをあげたのはもちろんだ。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。