訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作詞者・吉丸一昌の青春の熊本第五高等学校
吉丸一昌が熊本の第五高等学校に入学した明治27年に高等学校令公布に伴い第五高等学校と改称された。その年に任期を終えた小泉八雲=ラフカデイオ・ハーンが11月に去っている。僅かな期間であるが接触があったかも知れない。
そして、吉丸が2年生の時、明治29年に夏目漱石(金之助)講師として赴任した。後に文豪と言われた二人の教授から教えを受けることが出来た一昌の”青春の熊本の第五高等学校” 何ともすばらしき青春時代だったのだろうか。
下の写真は小泉八雲。
images.jpg

明治24年、当時、文部省参事官の嘉納治五郎が校校長に任命され、彼の要請で松江中学に居た小泉八雲が赴任してきた。日本国籍を得たラフカデイオ・ハーンは日本名を小泉八雲と改めており、熊本で長男も生まれている。
明治27年、大分の田舎町・臼杵から出てきた一昌は外国人教師に対してどのような感慨を得たのだろうか。
今日の産経新聞のコラムに外交評論家の岡本行夫氏が書いた記事を見た。「明治の日本の勢いは、多くの外国人の支援で可能になった。欧米から日本にやってきた約千人の顧問、技師、教師たちが近代国家建設に携わった。」確かにそうであったのかも知れない。後に、吉丸一昌は東京音楽学校においても多くの欧米から来た外国人教師と知り合うことになる。そして、彼らから多くの外国曲の訳詞を依頼されたのかも知れない。例えば吉丸の代表曲である「故郷を離れる歌」(ドイツ民謡)や「浦のあけくれ」(マジンギー作曲)また、「四つ葉のクローバー」は東京音楽学校の教授だったルドルフ・ロイテルが作曲したものに日本語訳した。今回、この「四つ葉のクローバー」を中田章のお孫さんである中田順子さんに歌ってもらう。ゆっくりとしたテンポの作品だ。
こうして、単に歌を聴くだけでなく当時の歌の背景を考えてみる事も別の意味で興味深い。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。