訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信濃毎日新聞WEB
安曇野でインドネシア人研修生と「早春賦」を歌う集い
12月6日(日)版に下記のような記事が掲載されていた。私が写真を撮っている時に熱心に取材をしていた。
東京に住む私は地元の記事を素早く見るのにはWEBにも掲載されている記事は大変便利である。あえて、掲載させて頂きました。

安曇野市の市民有志らでつくる「早春賦愛唱会」は5日、中信地方に滞在しているインドネシア人研修生と唱歌「早春賦」を歌う集いを市穂高交流学習センターで開いた。研修生15人が参加し、会員らと交流しながら歌声を響かせた。__ 同会の会員たちがインドネシア民謡で歓迎。初めは恥ずかしそうだった研修生も壇上に上がり、インドネシア語の発音をアドバイスする場面もあった。最後は同会会員らと笑顔で早春賦を歌った。__ ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう」も上映。早春賦の作詞者、吉丸一昌の孫でインドネシア人のサクラさんとその孫娘が、2004年スマトラ沖地震の津波被害を乗り越え、早春賦を歌い継ぐ姿を紹介している。__ メッキ工場で3年間研修したアネス・ドゥアントロさん(27)は来月帰国する。「今も多くの人が悲しい思いをしている。でも、つらいことがあっても頑張ろうという気持ちになった」と話した。__ 同会の西山紀子代表は「早春賦は厳しい冬を乗り越えれば必ず春が来るという歌。帰国しても覚えていてくださいね」と呼び掛けた。_
以上のような記事である。
スポンサーサイト
「二つの故国をつなぐ歌」インドネシア語版の上映
土曜日の上映会は二本立て、いや、「二つの故国をつなぐ歌」インドネシア語版も入れたら三本立て上映だ。
16時から「Azuminoハートネットワーク」と「中小企業人材育成事業団アイム・ジャパン」の方々がインドネシアから就労に来ている若者たち15人を連れて、インドネシア語版を鑑賞してくれた。
上映会委員長の笠原氏とインドネシアの歌「ママのそばで」や「ブンガワンソロ」と彼らも必ず歌うという「故郷」を一緒に唄っていた。(左端の白いひげの方が笠原氏)

インドネシア研修生

映画「二つの故国をつなぐ歌」を鑑賞するインドネシア研修生たち。
研修生
彼らにこの歌「早春賦」の心根が理解出来たのだろうか。残念ながら聞く事ができなかった。彼らも寒い安曇野で
不況下に苦労しながら働き、得た賃金を「故郷」に仕送りしているという。暑い赤道の國から、北国の信州での就労の苦しさはいかほどのものか。上映会の主催者・西山女史は家で取れたお米60キロを寄付したそうだ。西山女史は言う「インドネシアの人たちは日本のお米が美味しいと言ってたよ。お米が好きなんだね」と嬉しそうだった。

安曇野でスマトラ沖津波5周年上映会開催
先週、上映会の詳細の連絡があった。早速、チラシ製作のデザイン案を開始した。今年最後の大きな上映会になる。その内容は、
ドキュメンタリー映画上映会 ”いのち見つめて・・・”
主催:ドキュメンタリー映画上映委員会、早春賦愛唱会
日時:12月5日(土) 午後1時30分(開場1時) 夜の部上映会(関係者のみ) 午後6時から
場所:安曇野市穂高交流学習センター 「みらい」 入場料;500円(小中学生は無料)
上映作品は2本立てで
■「あの巨大津波の被害を忘れないで・・・』スマトラ沖津波5周年記念特集
  2007年度芸術文化助成事業作品「二つの故国をつなぐうた~Diva早春賦をうたう~」
■68年目の太平洋戦争開戦記念日特集
  2009年度文化庁支援「語らずに死ねるか!~無名の元兵士の声~」
この企画は安曇野の早春賦愛唱会が主催であるのね、音楽と朗読は付き物で,地元のお客様がほとんどであるから当然”音楽”という出し物は承知している。
■音楽と朗読 :♭ 里の秋   ♭ いのちのきずな   ♭ふるさとなど
   指揮;古原さよ子、演奏:折井清純(マンドリン)

2008年4月28日  平林前安曇野市長を表敬訪問したサクラさんとDivaちゃん
8428市長表敬訪問JPG

2008年11月「語らずに死ねるか!」の出演者 猪熊得郎さんと回天の練習基地をバックに
回天猪熊さん




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。