訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上原良司の碑
上原良司は自分が育んでくれた故郷に別れを告げた。自宅から数百メターの乳房川(現在は穂高川)を渡る乳房川に乳房橋が当時のままに残っている。

乳房橋

橋に使われていた鉄の欄干も終戦間際に軍への供出で無くなったままの姿だ。この橋のたもとで良司は送ってくれた人たちへ「さよなら、さよなら、さよなら」と故郷の山々に響くように別れの言葉を言った。私たちが見た夕陽の中の有明山が60数年前と変わらないシルエットが美しかった。
夕景のアルプス

一方,安曇野市に隣接する池田町にある町立 東山包美術館の庭園に「良司メッセージの碑」が建てられている。ここから見る北アルプスのパノラマは実に素晴らしい。180度屏風のように北アルプスの峯々が白銀に輝いている。このメッセージ碑は上原良司の生誕地から「上原良司のメッセージを発信する」という意味から全国の方々からの浄財によって建立されたと案内をしていただいた東山包美術館館長の師岡昭二氏(82才)が説明をしてくれた。師岡昭二氏も昭和19年に志願兵として滋賀県の八日市の部隊で終戦を迎えたとの事。
上原碑全景

諸岡さん2

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。