訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア・アチェを襲った大津波が襲来して4年目
4年前の今日、12月26日はインド洋巨大津波が発生し、『未曾有』の大被害が起きたことを皆さんは覚えているだろうか。今はそれどころではない、100年に一度の『未曾有』大不況によるリストラのニュースばかりがテレビニュース、新聞の一面をにぎわしている。
4年前のニュースはインド洋巨大津波”が大きく扱われていた。震源地に近いインドネシア・スマトラ島北端のアチェは一躍知名度がアップされた。それまで殆どの人々は「アチェ」の地名を知らなかった。皮肉にも、17万人もの人々が亡くなった事がさらにアチェの知名度がアップされる要因になった。
 しかし、アチェの地名を知る私にとって、あの4年前忘れもしない出来事だった。アチェが震源地という一報を耳にして「あのサクラさんファミリーはどうしたのだろうか、無事だろうか」テレビニュースからアチェ情報が流れてこない。新しい年に変わったお正月にやっとテレビニュースがあの有名なシーン、アチェの目抜き通りを濁流が襲い、車から脱出する市民、泣き叫ぶ声、・・私はサクラさんが画面に映っていないか・・・
SERANBI.jpg
 お正月が明けて私は先ず豊橋技術大学の星教授にメールを入れた。サクラさんの次女の娘婿であるDirhamshが以前留学していた。その時の担任教授が星先生だった。また、その頃、偶然に私の会社が「豊橋技術大学学校案内ビデオ」を製作していた関係で親しく接していた。インドネシアからの留学生が多くいた。大学もアチェの大学との交流もあったから錯綜する情報には、Dirhamsh一家は全滅だとのこと。今考えると藁をも掴む心境だったのだろうか。
それから、どのくらいたっただろうか。私の会社に英語の電話がかかった。あいにく私が留守だった。翌日、再び電話が入り、それがDirhamshだった。私も英語は得意でない。
「サクラさんは無事である、私の娘が1人亡くなった」という。彼の携帯電話は通じるようだ。
3ヶ月後、私は息子を通訳にして始めてアチェに訪れた。その時の写真を掲載。
サクラさんのホテルの惨状
scan02.jpg
私は戦後の東京の焼け野原を思い出した。一軒の豪邸がポツンと見える。
津波記念館になる豪邸
アチェアの全てが消えてしまった.でも、私はアチェを愛する!豪邸に書かれたスローガン
津波にあった豪邸
海岸の一本の大木は津波をもろとせずに、逃げ惑う多くの人々を救った。息子の昌剛と・・・
アチェの象徴の木


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。