訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間魚雷回天 その5
ドキュメンタリー映画の第二弾「語らずに死ねるか!~無名兵士たちの声~」(仮題)の上映場所は先ず、昨年と同じ「なかのゼロ 視聴覚ホール」で決まった。
4月10日(金曜日)18時からと4月12日(日曜日)14時から。抽選で決まり、上映費用を支払った。上映場所は決まったものの、未だまだ製作中どころか撮影も半分も終わっていないのが現状である。今日で、5回連続で山口県周南市大津島の人間魚雷の慰霊祭について掲載してきた。

猪熊氏にインタビューする長尾栄治監督とカメラをかまえる吉田武カメラマン(回天発射実験訓練基地にて)
取材班
今回の大津島ロケーションは猪熊氏を新幹線に同乗してインタビュー。さらに、大津島からの帰路の10日は吉田カメラマンの実家近くの兵庫県加古川に立ち寄り、戦場体験者をインタビューした。
印象に残ったのは「黒い不気味な人間魚雷」と大津島の過去の遺物「回天発射訓練基地跡」である。
回天模型
枯れ草の奥に”つわものどもの夢の跡”回天発射実験訓練基地が見える。
つわものドもの夢の跡



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。