訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のドキュメンタリー映像の始めての作品
いや~驚いている。昨日、我が社に税務署が入った事をブログに載せたら視聴者の関心が一気に上がった。一昨日が9件、昨日が26件、今日は22時現在で33件。我が社にとって始めてのドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」が税務署は資産的に価値があると見たのだろうか・・・・と書いた。
正直なところ映像製作会社ほどもうからない業界はないと日頃思い続けている。なのにである。
我が社のような広告宣伝のいわば末端の製作会社は1円でも「黒字」にしないと金融機関は見向きもされないのが実情である。決して有り余る予算なんか有りはしない。毎日身を粉にしてただ映像作りが”大好き” そんな人たちがカメラに向かい、編集機にかじりついて出来上がった作品に達成感を感じながら、「映像文化」に寄与している。
そんな愚痴を書いていたら、私が始めて本格的なドキュメンタリー映像に参加した作品(日本テレビ+日本映像記録センターの「すばらしい世界旅行」 )  ”パプアニューギニア~セピック川探検~の写真が居間に飾ってあるのに気づいた。(気が付いたというのも妙だが)
写真は1977年(昭和52年)パプアニューギニアの奥地テレフォルミンの裸族と1ヶ月?間一緒に暮らして取材した時の記念写真である。私が38才 ガリガリにやせていて、ひげもない。
マルボローのTシャツを着た私と裸でペニスケースを付けた男と対照的でおもしろい!
今後、ブログに書く事がない時は、私の懐かしの映像記録写真と記事を載せようと思っている。
セピック探検5部作



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。