訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帽振れ! 全国甲飛会
前回に続いて全国甲飛会の同行取材をブログに書いております。読者の方々は「帽振れ! 全国甲飛会」と書いてもさっぱり何の事か分からないのではないでしょうか。
この「全国甲飛会」とは海軍甲種飛行予科練習生の略したものである。もう少し,親切に書くと「甲種」とは甲乙丙の「甲」だが、当時の旧制中学生以上の学歴者が「甲種」とし、飛行機乗り予科訓練生のことである。”七つボタンの予科練”とか ”桜と錨”の予科練は、当時の若者の男性にとってあこがれだった。もう一つ ”帽振れ!”とは、予科練の若者たちは特攻隊として乗った零戦や爆撃機が離陸する時,陸上から送った者たちは「今生の別れ」とばかりに帽子を振って別れたが ”帽振れ!”になった。

さて、全国から靖国神社に集まった、およそ450名の甲飛会の元若者たちは、バスに分乗して浅草ビューホテルに向った。正午、甲飛ラッパ隊の吹奏とともに軍艦旗が掲揚され、解散式典が始まった。会場は「桜と錨」が入った白の戦闘帽を被った会員たちの熱気が溢れた。
甲飛ラッパ隊の吹奏
ラッパ隊
軍艦旗が掲揚された。
軍艦旗掲揚



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。