訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉丸ルツ子の名を戸籍に遺す活動
東京ではお盆と言えば7月である。しかし、日本のほとんどが8月13日からお盆に入る。
今日は姉のルツ子さんを我が吉丸家の戸籍に名を遺そうと菩提寺の龍光寺に行き墓前に誓った。龍光寺の百日紅(さるすべり)の薄紅色の花が満開だった。辺りは蝉がミンミンと鳴いていた。
サルスベリ咲く龍光寺
墓標に刻まれた吉丸ルツ子の名前
ルツ子墓標JPG

ルツ子墓標UP
吉丸リツ子は支那事変が始まった昭和12年に両親と姉の4人で一時日本に引き上げた。先の姉妹で撮影された写真は,未だ3才になったばかりだった。東京の親戚の家に身を寄せたそうだ。
そして、間もなくして再び両親とともに中国に戻り、昭和13年10月11日に赤痢にかかって死んだ。
寺の過去帳や墓標には4才と書かれているが、昭和10年7月6日生まれだから今なら3才3ヶ月。可愛い盛りに命を落したルツ子のことは両親は痛恨の極みだったようだ。戦災で戸籍が焼失したとはいえ、なぜ、我が子が戸籍から漏れたまま今に至ったのだろうか。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。