訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大空襲の事実
戸籍謄本から消えた姉・ルツ子 満2才6ケ月 
                                                    (昭和12年1月 中国 チンタオの写真館で撮影した)
ルツ子4才
「文京ふるさと歴史館」に聞いてみた。はたして私たちの戸籍が存在していた本郷区役所(本郷支庁舎)は、3月の空襲でどうだったのだろう。「文京ふるさと歴史館」の文芸委員である川口さんが親切に対応して下さり資料をFAXしてくれた。ありがとうございます。
その資料は「文京区志」(昭和31年、文京区役所発行)と「文京区史」巻4(全5巻、昭和44年、文京区役所発行)に詳しく載っていた。それによると”本郷支庁舎は、昭和20年3月9日夜の空襲で火災に遭い,10日未明庁舎の内部と書類の多くを焼失した。この時戸籍簿も多大な被害を受けた。
駒込動坂町の全戸籍簿が焼けた”と記されている。「文京区史」には”本郷区の被害は3月10日の大空襲による惨状の一部として語られたにすぎない。東京大空襲といえば隅田川を越えた本所深川の大被害ばかりが強調され、本郷地区の惨状は目をおおいたくなるものだった”と記されていた。
戦後、昭和21年夏,私たちは中国から引き上げてきた。私が6才の時に脳裏に刻まれていた記憶は、あたり一面焼け野原で焼け残った土蔵が一つポツンと建っていた光景である。大津波の跡を見た時、「あ! この風景は戦後の東京だ。」と真っ先に思い浮かべた。

 昭和20年3月10日の東京大空襲により一面焼け野原と化した東京の下町。
200px-Tokyo_kushu_1945-4.jpg
戦後、戸籍謄本から記載漏れのまま、60数年 ほっておかれた4才で亡くなった姉・ルツ子。ふびんでならない。私は,13日から始まる「お盆休み」を利用して霞ヶ関にある家庭裁判所に姉・ルツ子の戸籍復活の申し立てをする。
戸籍法第113条に基づく戸籍の記載に遺漏がある場合における戸籍訂正許可の申し立てにあたる。


スポンサーサイト
姉・ルツ子の戸籍復活にかける
「本郷区駒込動坂町 327番地」が我々の戸籍がある旧住所である。現在は文京区千駄木となっている。父の戸籍謄本には書かれている子供には長女・ヒデ、長男・宗利、そして私の名前が連なっている。二女・ルツ子の名前がない。
姉妹
(撮影:田島千寿子)
昭和12年、支那事変が始まって中国在住日本人は戦火を逃れて、一時日本に帰国した。一家は親戚の家に身を寄せた。その時撮影された。写真として二人の姉妹のあどけない姿がある。左側がルツ子、右側が長女の姉・田島ヒデ、今も元気で主婦をしている。 
言い訳のように昭和20年3月に焼失したという説明文があるが、良く読めない。ないということは間違いなく姉・ルツ子は戸籍から抜け落ちている。しかし、
吉丸家の墓石には二女・ルツ子の戒名・桂月妙圓童女が刻まれ,仏壇の位牌には昭和13年10月11日に亡くなった事が記されている。では、菩提寺の過去帳には記載されているのだろうか。問い合わせた結果、菩提寺の龍光寺から記載されている事実を住職の署名入りで送っていただいた。
現在、自分の直系の人間の戸籍謄本は閲覧,取得ができるが、枝葉にあたる兄弟の戸籍謄本(死んでいる除籍)は個人保護法という厄介な法律で見る事が出来ないのだ。
次回は戸籍復活にかける!   何かテレビ番組のタイトルのようだ。もう一回ブログに書いてみようと思う。

戸籍から消えていた二番目の姉
吉丸ルツ子
この写真は70年前の昭和12年1月に撮影された我が家の記念写真である。私の両親と左側が長女、父に抱かれているのが二番目の姉・吉丸ルツ子だ。今日のタイトル「戸籍から消えていた二番目の姉」についてブログに書いてみた。この姉は昭和13年10月に病気で亡くなっている。数えで4才だ。毎年、8月15日が近づくと戦争の事、敗戦の事が大きな話題となってマスコミを賑わす。
我が家も少なからず戦争の渦に巻き込まれた。父親の相続と戦争は一見何も関係がないように思われるが・・・・・
  3年前、父が亡くなり、相続の手続きのために祖父から始まって父の周りの一切の肉親の戸籍が調べられた。この法的な作業は全て司法書士がやってくれていたので私たちは分厚く綴じられた戸籍謄本を見る事もなく相続が終わった。
 
  昭和20年3月、東京大空襲で多くの犠牲者が出た。特に下町から山の手の被害が酷かった。戸籍を管理している区役所も焼失した。私たちの戸籍がある文京区役所(当時は本郷区)も一切が焼けてしまったようだ。だから、私たちの戸籍は戦後改めて作り直したものなのである。作り直した時に
どうしてか姉・吉丸ルツ子が戸籍から抜けてしまった。3回にわたってこの姉について書いてみようと思う。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。