訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団四季のミュージカルを観る
文化庁と芸術文化振興基金への助成金申請の締め切り日が今週末である。書類を整えるためにメッチャ忙しいが、今日予約している劇団四季のミュージカル「南十字星」は何としても見逃せなかった。このタイトルが妙に懐かしさを誘うのだ。私たちの映画に出ている池尻昌言が昭和17年にスマトラに上陸した後,恋に落ちた相手がサクラさんのお母さんEmaさんである。この「南十字星」は京都大学の学生とインドネシア人の女性・リナとの運命的な出会いと別れの物語。インドネシアの有名な歌「ブンガワンソロ」の旋律がミュージカルのテーマ音楽になっている。
DSC_0185.jpg

Emaさんと池尻昌言の運命的な出会いと別れが、このミュージカルのイメージとダブって涙が止まらなかった。ミュージカルのタイトルになっている「南十字星」は、池尻昌言がスマトラから復員した後、結婚した京都先斗町の女将千代さんが開いたクラブの名前が「南十字星」だった。池尻昌言が千代さんに頼まれて付けた名前だったのかも知れない。私もこのお店に何回かお邪魔した事があった。クラブのネオンに南十字星の星マークがあったような気がする。英語ではサザンクロスという。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。