訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人とひとの出会い--その2
3月29日の荒川区町屋文化センターでの映画上映会は読売新聞社が主宰する読売文化センターとも言う。文化センターでは映画のような特別企画は読売新聞の都内版に記事として掲載されるからPR効果もある。佐藤さんは読売新聞の記事を見て,私のブログにアクセスしてくれた。
上映会の当日、私に話しかけてくれたのだが、上映前の忙しさでゆっくりお話も出来なかった。その後「このブログを見た◯◯さん連絡を下さい」とブログから問いかけてみた。早速、メールに返信があり、その○◯さんが佐藤さんだったわけです。私は上映前のブログに上坂冬子さんが著した「南の祖国に生きて」~インドネシア残留日本兵とその子どもたち~ という中で陸軍伍長の石嶺英雄氏について書いた。その石嶺さんを良く知る方が佐藤さんの先輩・菊山氏だった。
菊山さんは今年80才になられて、天理大学の前身である天理外国語学校馬来(マレイ)語学科卒業、野村貿易に入社され、ジャカルタ所長から,代表取締役になったとお聞きしている。そんな時代に陸軍伍長の石嶺英雄氏と深く知り合うようになったそうだ。
その石嶺さんについて上坂冬子さんは『陸軍伍長の石嶺英雄氏は私の叔父・池尻昌言が過ごしたアチェで一緒だったのではないかと推測されるからだ。氏は沖縄出身の近衛兵で、昭和18年に現地除隊となった。除隊後はアチェで農園や鉄道の仕事に従事し、アチェの女性と結婚している。』と書いている。  
 その後、佐藤さんを通じて菊山さんとお会いした。結局の所、石嶺さんと池尻昌言との接点は良く分からなかった。 しかし、天理大学OB会常任理事という現在のお立場から「天理大学で映画上映を!」というチャンスを作っていただいた。菊山さん、天理大学の国際文化学部の相馬、菅原両先生、広報部、井上さんに心からお礼申し上げます。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。