訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手・宮城内陸地震
岩手・宮城内陸地震の被害で宮城県栗原市栗駒温泉で温泉旅館が崩落して3人死亡したという。
2週連続の土曜日の大きなニュースが飛び込んできた。マグニチュード7という大地震である。
中国四川地震の悪夢が覚めないうちに、今度は我が国である。昨年の新潟中越沖地震から1年が経たないから余計に不気味さを感じる。
 しかし、宮城県栗原市って何処だろう。栗原市の人には悪いが馴染みがない地名である。例の悪名高い平成の大合併で10町村で出来た市だそうだ。インターネットで見つけてみた。2005年に発足し、東北新幹線で東京から2時間半。仙台から30分だそうだ。以外に近いのでびっくりした。
tohoku2.png

皮肉な事に大きな自然災害で一躍クローズアップしてきた市名である。
あの忘れる事が出来ない2004年12月のスマトラ沖大地震&大津波で世界的に知名度がアップしたのが「アチェ」。日本のほとんどの人たちがスマトラ・アチェを知らなかった。そして、日本のほとんどの人たちがこの地名を知った。あれから、3年半、再びこのアチェという地名が日本人の脳裏から消え去った。「災害は忘れた頃にくる!」
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。