訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の警察はテロ対策は大丈夫か
日曜日に起きた秋葉原での無差別な殺人事件(通り魔事件)は、憤りを感じる。過激な意見かもしれないが、「目には目を!」のイスラム法の刑のように犯人の男を引き回しの刑に処すべきだと真剣に思った。
 先日、インドネシアからサクラさんたちが来日する際、彼女達の滞在ビザをもらうのに来日ギリギリまで、私が身元保証する書類を整えさせられた。メダンの領事館に電話もした。
外国からの来日する人たちへの入国に神経を使う割に、国内の無差別殺人=テロがいとも簡単に引き起こされた。日本の警察はテロ対策は大丈夫なのか。7月、まじかに迫った洞爺湖サミットでは外国の要人へのテロ対策などは大丈夫だろう。しかし、サミット開催中の、その隙をついて ”頭のおかしな人間” による殺人事件=テロが起きるかもしれない、警察は阻止出来るのだろうか。恐ろしい世の中である。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。