訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキュメンタリー映画を製作して丸1年が経過した
巨大津波襲来3周年
私たちが製作したドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」の本格的な撮影に行ってから丸1年が経過した。そして、今年3月に製作が完了し、日本全国で上映会が開催され、多くの感動が寄せられた。また、この映画のインドネシア語版を製作し、9月に舞台となったバンダアチェでの州政府主催の映画会に2000人の小中学校の生徒が鑑賞してくれた。多くの上映会の中で得たあの感動は忘られない。鳥肌が立つ思いだった。製作者冥利に尽きるというのはこの事だろう。
先日の12月26日、高田馬場にあるインドネシア文化宮で巨大津波襲来3周年の上映会が行われ、メトロTVが製作した「4人のカメラマンが撮った映像」と「The Tsunami song」の2作品を観て、悲しみを新たにした。
私たちは昨年の津波襲来2周年にバンダアチェで取材した当時の未公開の写真を掲載した。

半旗

モスク前にひるがえる半旗
復興する家並み

次々と建設される家々
流された豪邸

津波の象徴とも言える豪邸(津波の博物館になると言われている)
一本の木JPG

津波にも負けず立ち続けた1本の大木
復興しない養殖池JPG

エビの養殖池も多数流された
スポンサーサイト
続・二つの故国をつなぐ歌
9月30日(日曜日)雨
昨日から、異常な寒さである。小学校1年生になった孫の運動会が昨日、今日と、この雨で中止、火曜日に順延になってしまった。火曜日では楽しみしていた父兄も、じじ、ばばも行けるかどうか分からない。孫いわく「お客さんが来ないなんて意味ないよ』と。
さて、再びこのブログも日記風に出来るだけ毎日書き込んで行こうと思う。今後の大きな上映会が予定されているのでお知らせします。あくまでも予定ですので、決まり次第情報をブログでご覧ください。
◯12月8日(土曜日)夕方6時頃から。長野県安曇野市民会館
 ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」上映と大東亜戦争の顕彰
 昭和16年12月8日 真珠湾攻撃から日本は泥沼の戦争に突入していった。そして、20年 
 8月7日 アチェのサクラさんが誕生した。1週間後に日本の敗戦。
此の映画が上映されて一番多かった意見は、 ”なぜにサクラさんの父親池尻昌言は、インドネシアに戻らなかったのか”、”手紙一本出しても良かったのではないか”もっと辛辣なアチェでの意見は ”武士の子孫だった池尻は、サクラさんとエマをほって帰国したのか?
父親を捜すサクラさんの姿が描き足りない” 製作者として、もしかしたら一番痛い所を指摘されたような気がした。このブログでもエマさんとサクラさんの親子の新しい情報を書きこんだ。しかし、エマさんの再婚で終わっている。
 助成金を頂いた芸術文化振興基金の審査試写会で審査委員の方々は「感動しました。是非、続編を作って下さい」と言われた。しかし、ずーと今日に至るまで悩んで来た。「続編とは?、次回のテーマは何か?」
次回作に「続・二つの故国をつなぐ歌」の調査と取材が始まった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。