訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エマさんと池尻の結婚
バンダアチェに近かい海岸に日本軍が上陸した記念碑がある。地元の人たちが立てたそうだ。ここには2回目の取材で訪れているが、荒れ果ててかろうじてインドネシア語で1942年3月12日(昭和17年)と読める。
20070924171934.jpg

20070924171950.jpg

また、1942年12月20日付きの毎日新聞にアチェ州のタケゴン(バンダアチェから車で6時間の距離)で、「日本軍の池尻部隊長が中心になりコーヒーや紅茶を栽培している」という記事がある。1943年に池尻は現地除隊して野村殖産東インド会社のアチェ支店を立ち上げたという話を聞いている。この野村殖産東インド会社にエマさんやハビバさんは勤めていた。エマさんが18才ぐらいの時か。(エマさんは1925年生まれ)映画では述べられていないが、池尻は1940年に正式に離婚し、戦地に行っている。エマさんとの結婚は2度目である。アチェではイスラム教徒が多く、他の宗派との結婚は許されないほど戒律が厳しい。エマと言う名前からしても、イスラム教徒ではなかったと思われる。サクラさんは結婚する前はクリスチャンだったが、ご主人のNarukayaさんがイスラム教徒なので改宗したと言っていた。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。