訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波の教材アニメ「稲むらの火」
6月30日(土曜日)曇り 蒸し暑い
インドネシア文化宮大川氏の翻訳で製作したインドネシア語版がほぼ完成し試写をした。アチェでの上映会のスケジュールが決まらないが、いずれにせよ8月のインドネシア独立記念日あたりに設定したいと思っている。上映案として私の社がお付き合いをしている教材配給会社である(株)教配が製作した「稲むらの火」を一緒に上映をする案が出た。この映画は、1854年(江戸時代)安政南海地震による大津波が発生し紀伊半島を襲った。紀州有田郡広村の庄屋・五兵衛が自分の稲むらに火を放って、村人を大津波から救ったという実話を子ども向きに製作したアニメーションである。原作は「怪談」などを書いた明治の文豪・小泉八雲(ラフカデイオ・ハーン)が英文タイトル「A Living God]no」で発表した。「稲むらの火」の詳しい話はインターネットでも見る事ができる。
下の写真はこのアニメ映画のパンフレット
20070630170942.jpg


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。