訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「二つの故国をつなぐ歌」のインドネシア語版
12月5日(土曜)、安曇野市で「二つの故国をつなぐ歌」と「語らずに死ねるか」の二本立て上映会が開催される事は既にお伝えしている。「二つの故国をつなぐ歌」のインドネシア語版が日本での上映をするチャンスは殆どなかったが、安曇野での上映会で同じ日に上映が決まった。
というのは安曇野にはインドネシアからの研修生の方々が各地から来ている。その方々の面倒を見ている「AZUMINOハートネットワーク」というボランテイア団体からの要請があり、16時からの空き時間を利用して上映する事になった。この作品は2007年9月2日,バンダアチェの子供たちに鑑賞してもらうためにわざわざ製作した。そして、バンダアチェの教育会館ホールに1日4回、2000人の子供たちが鑑賞してくれた時の感激を忘れられない。

写真は、2007年6月24日にナレーション取りをするユリアンテイさん
20070624225330.jpg
もう2年以上前になってしまったが、当時のこのブログを改めて見ると・・・・
ナレーターはリリイ・ユリアンテイさん。46分の長さの作品をほとんどNGなし、しかもテストなしだ。声もこの作品にぴったりの落ち着いた語り口になった。翻訳はインドネシア文化宮の大川氏にお任せ!「早春賦」インドネシア語訳を大川氏が書いてくれた。早春賦の詩の一節に「ウグイス」の名詞があるが、インドネシアにはいない。直訳すると「緑色の雀」だそうだ。笑ってしまう。

いずれにせよ、2年以上にもなる今、こうしてインドネシア語版が役立って嬉しい。
スポンサーサイト
インドネシア語版を持ってアチェへ
6月25日(月曜日)小雨のち曇り
少し肌寒い月曜日、新しい週のスタート。昨日、インドネシア語版のナレ取りが済み、日本語で話すシーンをインドネシア語に置き換えれば完成である。ナレーターのLilyさんに昨日スタジオで撮影した記念写真をメールで送ってあげる。すぐに、お礼のメールをいただいた。明日、彼女は休暇でインドネシアに帰国するそうだ。
 私たちはインドネシア語版を持って8月13日以降にアチェに行く予定でいる。その旨をDivaのお父さんであるDirhamにメールを送る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。