訪問者数
プロフィール

吉丸 昌昭

Author:吉丸 昌昭
ドキュメンタリーの重鎮だった牛山純一氏の率いる日本映像記録センターに所属し、「すばらしい世界旅行」や「知られざる世界」などドキュメンタリー番組のカメラマンとして世界各国を取材。現在は、映像製作会社の代表プロデユーサーである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」              その後の反響は
「二つの故国をつなぐ歌~Diva早春賦をうたう~」 このブログでは製作時のこぼれ話や上映後の反響などをご紹介していきます 。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Acehの職人たち
6月15日(金曜日)曇り後晴れ
昨日梅雨入り宣言したと思ったらもう今日はギラギラ輝く夏の陽射しだ。「昨日鳴いたカラスがもう笑った」のような感じ。気象庁は ”まずった” と悔しがっているかも。
 アチェはいつもぎんぎんぎらぎらの陽射しが降り注ぐ熱帯の地である。この時期の東京はアチェより蒸し暑いかもしれない。バンダアチェの空港に行く途中の街道にイスラムモスクの先端部分のあのキラキラ光る丸いドームを専門に作っている工房があった。職人たちが額に汗を流して、ステンレスの平たい板を曲げたり,金槌で叩いたりして器用に作業をしていた。アチェのドーム作りの職人は津波で相当数が亡くなり、この職人はジャワから出稼ぎに来ているとか。
20070615220905.jpg

20070615220924.jpg


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。